ブリ、ヒラマサと並び青物御三家の一角に数えられるカンパチ。

この三種の中で、九州北部では一番個体数が少なく、また一番大きく成長します。

<スポンサーリンク>

ジギングや泳がせで狙う海底の王者。

カンパチのヒット直後のトルクは、ヒラマサ以上かもしれません。

強烈を超えた暴力的な引き味は、きっと楽しめると思います!

そんなカンパチは、ヒラマサやブリとは違い、トップで釣れることは稀で、ジギングや泳がせ釣りが基本的な釣法になります。

ご興味のある方は、船長へお尋ねください。

2010年に釣り上げられた、71.15kgのカンパチ。

DATA/カンパチ

<サイズ>
3kg~40kg

<季節>
年間を通して狙えます。夏場は小型が群れていることもあります。

<推奨タックル/ジギング>
○リール→シマノ6000番~10000番
ダイワ4000番~5000番
○ロッド→ジグウェイト250gまでしゃくれる専用ロッド
○ライン→PEライン3号~4号/リーダーフロロカーボン40~60ポンド
○ドラグ設定→4kg~7kg

<レギュレーション>
特にレギュレーションは設定していませんが、大型は大変個体数が少ない状況です。必要な量以上はリリースしていただければ幸いです。

ターゲット一覧へ戻る